当たるとは限らないのが占い

2014-08-19

占いはある意味ギャンブルといっても良いわけです。昔から当たるも八卦、当たらぬも八卦というようなことが言われているわけですから、ハズれるということも当然あると考えるべきです。

ですから占い師を胡散臭い職業として認識している人もいるわけです。しかし、予言がハズれる事があるということは当たることもあるということです。

ですから人によっては信用にたる存在という事になるでしょう。どう受け取るかは本人次第ですが、信用しすぎるということもあまり良いことではないでしょう。

無理に信用する必要はないわけです

まったく信用しないというような人は占いとは関わらないでしょうから無理に信用する必要はないわけです。ですから、当たると信用している人が問題という事になります。

占いをギャンブルというような言い方をしましたが、それは先のことは確定しているものではないという意味です。

そもそも占いの予言が当たるかどうかということよりも、そのことをどう捉えてどう行動するかということが問題なのです。

占いの鑑定結果はそれぞれの行動次第で変わってしまう

占いの鑑定結果はそれぞれの行動次第で変わってしまうことがあるわけです。ですからハズれたとしてもそれは自分自身が変えたと言う場合もあるといえるでしょう。

良いことも悪いことも、どんな予言が占いで出たとしても、それは変えることが出来る未来のことだということです。

そのことを考慮すれば、当たる占いはないということが言えるかもしれません。あるいは、当たらなくても当然なものとして考えて良いといえるでしょう。

占いを運命を知る道具として考えないこと

占いを運命を知る道具として考えないことです。未来を良いものに変えるための道具として考えたほうが良いと言えるでしょう。

ですから当たる当たらないということは問題ではないともいえます。何をして当たる占いかということもわからないわけですから、当たるとは限らなと考えたほうが良いわけです。

当たるとは限らないのが占い

占いはある意味ギャンブルといっても良いわけです


Copyright© 2014年8月19日 奇跡的な占いを電話で再現できます
http://www.ecole-et-cabrioles.com All Rights Reserved.